こどものじかん 無料動画視聴ページ アニメ「こどものじかん」の動画がほぼ確実に視聴できます。

最新アニメ
アニメがいっぱい!
ワンピースおっぱいマウスパッド

こどものじかん 第1話から第12話

アニメ「こどものじかん」の無料動画年度途中で、とある小学校に赴任した、まだ新任の青年教師・青木は、着任してすぐに3年1組の担任になるが、そのクラスはある問題が起き、前任の教師が辞めたところであった。

あくまで一般向け作品であり、作者自身は「一般誌の(エロの)限界に挑戦」しつつ「エロ漫画ではない」と語っている。

作中の時間経過により、当初3年生だったりんたちは4年生に進級した。青木 大介(あおき だいすけ)
声:間島淳司
本作品の主人公。男性の小学校教師。まだ教師になりたての23歳。恋愛に関しては奥手で、独身。現在も特定の彼女はいない。“初体験”も、まだ。高校時代は陸上部に所属しており、補欠だったものの足の速さは健在で男子生徒から尊敬されている。
眼鏡をかけている。体格は普通で、心身ともに健常。
双ツ橋小学校に、年度途中から赴任。「子どもたちに頼られる、お兄さんのような先生」を目指している。4年1組(赴任時は3年1組)の担任。仕事熱心だが、経験不足ゆえマニュアルに頼りがちなところもある。しかし、りん達に振り回されるうちに徐々に対処法を身に着け、最近では先輩教諭からも感心される程になる。
基本的には優しく、また若干優柔不断なところはあるが、悪いことは悪いと叱ったりできる正義感と厳しさも兼ね備えている。
動物が好き。学校に迷い込んで来た猫を追い出すようなことはせず、夏休み中も世話をし続けた。
なぜか、りんのきわどい姿(パンツ1枚や、ベビードール姿など)を目にすることが多い。
りんに惚れられており、強烈なアタックを繰り返されているが子供故に相手にはしていない。後に彼女にファーストキスを奪われた。
九重 りん(ここのえ りん)
声:喜多村英梨
小学4年生の少女。双ツ橋小学校の4年1組(当初は3年1組)に所属。
母親はすでになく、父親とは別居中。親戚のレイジと2人暮らし。
入学当初、母の死(後述)により鬱ぎ込んでいたところを黒、美々に救われたこともあり、今でも親友。
朱鷺色でボリュームのある超ロングヘアーを、大きな玉が2個ずつ付いた髪留めゴムでツインテールにしている。それぞれのテールの先端付近も、同じ玉つきの髪留めゴムでまとめている。ツリ目。
体格は、小学4年生としては標準的な身長だが、やや痩せている。異常にませており、性に関する知識も豊富(本当の意味を理解しているかは不明)。大介の気を引く為に日々(子どもとは思えない)色っぽい服飾や仕草を心がけており、実際に非常にかわいいため、大介やレイジといった大人の男を困惑させている。
性格は表面上は明るく活発。それだけに、ショートパンツや裾の広いスカートなど、動きを妨げない服装を好む。
非常に友達思いで、親友がいじめられたりすると、相手が教師でも容赦しない。自分が正しいと思うことに対して、それを主張するために、あらゆる手段を使う。大人(特に教師)を効果的に恐怖に陥れる術にも長けている。
時折酷い残忍性を垣間見せる事があり、前担任の中村をノイローゼにし辞職に追いやったのを始め、大介の耳を血が出るまで齧ったり、恋敵になりそうな京子を階段から突き落とそうとしたこともある。りんは自分がこうした状態に陥る事を"黒くなる"と表現している。
大介の「彼女」になろうと積極的なアタックを繰り返すが、「子供」扱いしかされず寂しく思うことも。
成績は、ふだんはあまりよくないが、本気になれば簡単に100点を取る。実は、頭は非常によい。嫌いな科目は全く勉強しないのか、大介に「教科によってムラがあり過ぎる」と注意された。
携帯電話には「RIN」というロゴのついたストラップを付けている。
4年に進級した時、学級委員長となる。3年生の頃とは違い、クラスをうまくまとめる役となっていたが、今までに蓄えていた弱さも時折見せる様になり黒や美々を心配させている。




こどものじかんの無料動画を第1話から第12話まで紹介しています。 kodomo%2Bno%2Bjikan
アニメ「こどものじかん」の無料動画年度途中で、とある小学校に赴任した、まだ新任の青年教師・青木は、着任してすぐに3年1組の担任になるが、そのクラスはある問題が起き、前任の教師が辞めたところであった。

あくまで一般向け作品であり、作者自身は「一般誌の(エロの)限界に挑戦」しつつ「エロ漫画ではない」と語っている。

作中の時間経過により、当初3年生だったりんたちは4年生に進級した。青木 大介(あおき だいすけ)
声:間島淳司
本作品の主人公。男性の小学校教師。まだ教師になりたての23歳。恋愛に関しては奥手で、独身。現在も特定の彼女はいない。“初体験”も、まだ。高校時代は陸上部に所属しており、補欠だったものの足の速さは健在で男子生徒から尊敬されている。
眼鏡をかけている。体格は普通で、心身ともに健常。
双ツ橋小学校に、年度途中から赴任。「子どもたちに頼られる、お兄さんのような先生」を目指している。4年1組(赴任時は3年1組)の担任。仕事熱心だが、経験不足ゆえマニュアルに頼りがちなところもある。しかし、りん達に振り回されるうちに徐々に対処法を身に着け、最近では先輩教諭からも感心される程になる。
基本的には優しく、また若干優柔不断なところはあるが、悪いことは悪いと叱ったりできる正義感と厳しさも兼ね備えている。
動物が好き。学校に迷い込んで来た猫を追い出すようなことはせず、夏休み中も世話をし続けた。
なぜか、りんのきわどい姿(パンツ1枚や、ベビードール姿など)を目にすることが多い。
りんに惚れられており、強烈なアタックを繰り返されているが子供故に相手にはしていない。後に彼女にファーストキスを奪われた。
九重 りん(ここのえ りん)
声:喜多村英梨
小学4年生の少女。双ツ橋小学校の4年1組(当初は3年1組)に所属。
母親はすでになく、父親とは別居中。親戚のレイジと2人暮らし。
入学当初、母の死(後述)により鬱ぎ込んでいたところを黒、美々に救われたこともあり、今でも親友。
朱鷺色でボリュームのある超ロングヘアーを、大きな玉が2個ずつ付いた髪留めゴムでツインテールにしている。それぞれのテールの先端付近も、同じ玉つきの髪留めゴムでまとめている。ツリ目。
体格は、小学4年生としては標準的な身長だが、やや痩せている。異常にませており、性に関する知識も豊富(本当の意味を理解しているかは不明)。大介の気を引く為に日々(子どもとは思えない)色っぽい服飾や仕草を心がけており、実際に非常にかわいいため、大介やレイジといった大人の男を困惑させている。
性格は表面上は明るく活発。それだけに、ショートパンツや裾の広いスカートなど、動きを妨げない服装を好む。
非常に友達思いで、親友がいじめられたりすると、相手が教師でも容赦しない。自分が正しいと思うことに対して、それを主張するために、あらゆる手段を使う。大人(特に教師)を効果的に恐怖に陥れる術にも長けている。
時折酷い残忍性を垣間見せる事があり、前担任の中村をノイローゼにし辞職に追いやったのを始め、大介の耳を血が出るまで齧ったり、恋敵になりそうな京子を階段から突き落とそうとしたこともある。りんは自分がこうした状態に陥る事を"黒くなる"と表現している。
大介の「彼女」になろうと積極的なアタックを繰り返すが、「子供」扱いしかされず寂しく思うことも。
成績は、ふだんはあまりよくないが、本気になれば簡単に100点を取る。実は、頭は非常によい。嫌いな科目は全く勉強しないのか、大介に「教科によってムラがあり過ぎる」と注意された。
携帯電話には「RIN」というロゴのついたストラップを付けている。
4年に進級した時、学級委員長となる。3年生の頃とは違い、クラスをうまくまとめる役となっていたが、今までに蓄えていた弱さも時折見せる様になり黒や美々を心配させている。 各言語検索リンクについては
英語「」
の検索結果を表示します

copyright © 2005 無料アニメサーチ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア
ブログパーツ アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。