BLACK LAGOON 無料動画視聴ページ アニメ「BLACK LAGOON」の動画がほぼ確実に視聴できます。

最新アニメ
アニメがいっぱい!
ワンピースおっぱいマウスパッド

BLACK LAGOON 第1話から第24話

日本の一商社・旭日重工(あさひじゅうこう)の社員だった岡島緑郎は、会社の機密ディスクを運ぶ任務中、南シナ海で違法な運び屋・ラグーン商会にディスクを奪われ、自らも拉致されてしまった。ラグーン商会(というかレヴィ)の狙いは、旭日重工から岡島の身代金を取ることだったが、機密の漏洩を懸念した会社と彼の上司・景山は、会社のためにはやむを得ずとして彼をディスクもろとも抹殺せんと画策し、傭兵部隊に商会を襲わせる。自分が旭日重工から見捨てられたことを知った岡島は、ラグーン商会のメンバーにアイディアを提案し、この危機を脱することに成功する。

その後、景山は再会した岡島に対し、何事も無かったかのように旭日重工への帰還を促す。しかし岡島は「俺はもう死んでるんですよ。あんたがそう言った」と不信感を露にすると、「俺はロックだ!」と名乗り、帰還を拒否。かくして、ラグーン商会の見習い水夫となった岡島ことロックは、ラグーン商会の船『ブラック・ラグーン号』に乗り込み、危険な任務に従事するようになる。

非情な世界に生きながら、商社マン時代の甘さを捨てられないロック。しかし、それでも彼は任務をこなす度、確実に人間として成長していくのだった…。
ラグーン商会

いわゆる運び屋。社長にダッチを据え、ロアナプラに拠点を置き、所有する魚雷艇(第二次大戦で使われたアメリカ製エルコ80フィート級PTボートの改造型)を用いた海上輸送を主とする。輸送賃さえ支払われれば荷の中身にはこだわらず、法に触れるような荷を運ぶことも多い。

ロック
声:浪川大輔
本名は岡島緑郎(おかじま ろくろう)。昭和49年8月生まれ。国立大学卒業後、一流企業である旭日重工の資材部東南アジア課で商社マンをしていた。ラグーン商会の件で会社に見捨てられたことをきっかけに本名を捨て、「ロック」(命名はダッチ)を名乗ると、そのまま商会のメンバーとなる。
銃器は一切使えず、また使わないが、いざという時の肝は据わっており、作戦においては頭脳労働が中心の参謀役。その際には、商社マン時代の知識が役立つことも多い。記憶力や機転に優れ、取引した事のあるベネズエラの名家・ラブレス家の家族構成からその飼い犬の名前まで記憶している。また、紅茶の知識にも明るく、暴力教会のヨランダを驚かせ、その際に暴力教会がホテル・モスクワ等マフィアに無断でコカインの取引に手を染めていることを暴き、それを交渉材料にまでしている。
英語には堪能で日本編(『Fujiyama Gangsta Paradise』)においてはバラライカ達とヤクザ達との通訳を務めるほど。また、多少のフランス語もたしなむ。
当初はくだらない日常への嫌気と、斬った張ったの世界に対する憧れで商会に参加したが、ロアナプラの不条理になじめない自分と、現実の葛藤を経て徐々に自分が商会に参加した答えを見出していく。絶望的な境遇から屈折した成長を遂げたレヴィに対しても「人は生きていれば誰だって辛い目にはあう」と、自分とレヴィの間にあった心の壁を一蹴する。
非情な世界に生きながらも常に正論を主張し、レヴィなどと対立することも多いが、その青臭さ故、逆に一目置かれることも多い。バラライカからは気に入られており、「いい悪党になれる」と言われている。
作中ではマイルドセブンを吸っている。
レヴィ
声:豊口めぐみ
本名はレヴェッカ。『ソードカトラス』(ベレッタM92のカスタム品)を二挺同時に使うことから付けられた「二挺拳銃(トゥーハンド)」の異名を持つ、凄腕の銃使い。
米系華人(アメリカンチャイニーズ=移民した華僑の子孫)の娘で、過去のことに触れられたり思い出したりすると、死んだ魚のような眼になるが、銃撃戦のような命のやり取りの際には、水を得た魚の如く非常に生き生きとなる。身体能力は抜群に高く、銃撃しながら船から船へと跳躍することもできるほど。また、ダイビングも得意。
少々短気な性格で、トラブルメーカーであり、ロックの正論に反発しては二人で口論になることも多いが、その一方では彼のことを心配し、庇うこともしばしば。また金にもうるさく、金のために単独行動にでることも少なくはない。性格も男勝りで、口調も男言葉(一人称は「あたし」)。首筋から右肘にかけて、トライバル系の刺青(タトゥー)を入れている。NYPD27分署の管轄内で、過去に相当の犯罪暦があり、刑務所に入ったこともあった模様。アニメ版では羽毛枕を消音用に使って誰かを射殺したと思しき、少女時代のレヴィが描かれている。単行本1・2巻表紙。
エダにロックとの関係を問いただされた際にはあからさまに狼狽し、意外にウブな一面も見せる。
作中ではラッキーストライクを吸っている。
ダッチ
声:磯部勉
ラグーン商会のボスであり、「ブラック・ラグーン号」の船長。
ベニー曰く「タフで知的で変人」な大男。常に冷静でサングラスを外さない、相当なインテリの黒人。ロアナプラでは相当の人望があるらしく、バラライカや張、ヨランダといった各勢力の重鎮にも一目置かれている。ベトナム戦争に従軍していた経歴を持つ。周囲の人間に渾名をつける事が好き。愛用の拳銃はS&W M629の6 1/2インチモデル。
作中ではアメリカンスピリットを吸っている。
ベニー
声:平田広明
ラグーン商会の情報系統と、ダッチの参謀役を担当するユダヤ系アメリカ人の白人。ウィザード級のハッカーであり、PCなど電子機器の扱いに長けている。本人曰くケビン・ミトニック級の腕前。自分のマシンに並々ならぬ愛着を持っており、他人にマシンを触らせることを徹底的に拒んでいる。また自動車の運転も優れており、移動の際の運転は殆どベニーが担当している。愛車は1968年型のプリムス・ロードランナー。
大学在学中に、遊び(おそらくはクラッキング行為)が過ぎて、FBIとマフィアの両方から追われていたところをレヴィに助けられ、そのままラグーン商会で働くこととなった。
アニメ版では偽札編(『Greenback Jane』)で登場したジェーンとかなりいい雰囲気になったようで、日本編の最中に彼女から画像つきメールが送られているのが確認できる
2006年からテレビアニメ作品が放映され、2008年現在第1期および第2期の2シリーズが存在する。丁寧な作画で過激に演出された戦闘シーンは評価が高い。

第1期のタイトルは『BLACK LAGOON』、第2期のタイトルは『BLACK LAGOON The Second Barrage』となっている




BLACK LAGOONの無料動画を第1話から第24話まで紹介しています。 BLACK%2BLAGOON
日本の一商社・旭日重工(あさひじゅうこう)の社員だった岡島緑郎は、会社の機密ディスクを運ぶ任務中、南シナ海で違法な運び屋・ラグーン商会にディスクを奪われ、自らも拉致されてしまった。ラグーン商会(というかレヴィ)の狙いは、旭日重工から岡島の身代金を取ることだったが、機密の漏洩を懸念した会社と彼の上司・景山は、会社のためにはやむを得ずとして彼をディスクもろとも抹殺せんと画策し、傭兵部隊に商会を襲わせる。自分が旭日重工から見捨てられたことを知った岡島は、ラグーン商会のメンバーにアイディアを提案し、この危機を脱することに成功する。

その後、景山は再会した岡島に対し、何事も無かったかのように旭日重工への帰還を促す。しかし岡島は「俺はもう死んでるんですよ。あんたがそう言った」と不信感を露にすると、「俺はロックだ!」と名乗り、帰還を拒否。かくして、ラグーン商会の見習い水夫となった岡島ことロックは、ラグーン商会の船『ブラック・ラグーン号』に乗り込み、危険な任務に従事するようになる。

非情な世界に生きながら、商社マン時代の甘さを捨てられないロック。しかし、それでも彼は任務をこなす度、確実に人間として成長していくのだった…。
ラグーン商会

いわゆる運び屋。社長にダッチを据え、ロアナプラに拠点を置き、所有する魚雷艇(第二次大戦で使われたアメリカ製エルコ80フィート級PTボートの改造型)を用いた海上輸送を主とする。輸送賃さえ支払われれば荷の中身にはこだわらず、法に触れるような荷を運ぶことも多い。

ロック
声:浪川大輔
本名は岡島緑郎(おかじま ろくろう)。昭和49年8月生まれ。国立大学卒業後、一流企業である旭日重工の資材部東南アジア課で商社マンをしていた。ラグーン商会の件で会社に見捨てられたことをきっかけに本名を捨て、「ロック」(命名はダッチ)を名乗ると、そのまま商会のメンバーとなる。
銃器は一切使えず、また使わないが、いざという時の肝は据わっており、作戦においては頭脳労働が中心の参謀役。その際には、商社マン時代の知識が役立つことも多い。記憶力や機転に優れ、取引した事のあるベネズエラの名家・ラブレス家の家族構成からその飼い犬の名前まで記憶している。また、紅茶の知識にも明るく、暴力教会のヨランダを驚かせ、その際に暴力教会がホテル・モスクワ等マフィアに無断でコカインの取引に手を染めていることを暴き、それを交渉材料にまでしている。
英語には堪能で日本編(『Fujiyama Gangsta Paradise』)においてはバラライカ達とヤクザ達との通訳を務めるほど。また、多少のフランス語もたしなむ。
当初はくだらない日常への嫌気と、斬った張ったの世界に対する憧れで商会に参加したが、ロアナプラの不条理になじめない自分と、現実の葛藤を経て徐々に自分が商会に参加した答えを見出していく。絶望的な境遇から屈折した成長を遂げたレヴィに対しても「人は生きていれば誰だって辛い目にはあう」と、自分とレヴィの間にあった心の壁を一蹴する。
非情な世界に生きながらも常に正論を主張し、レヴィなどと対立することも多いが、その青臭さ故、逆に一目置かれることも多い。バラライカからは気に入られており、「いい悪党になれる」と言われている。
作中ではマイルドセブンを吸っている。
レヴィ
声:豊口めぐみ
本名はレヴェッカ。『ソードカトラス』(ベレッタM92のカスタム品)を二挺同時に使うことから付けられた「二挺拳銃(トゥーハンド)」の異名を持つ、凄腕の銃使い。
米系華人(アメリカンチャイニーズ=移民した華僑の子孫)の娘で、過去のことに触れられたり思い出したりすると、死んだ魚のような眼になるが、銃撃戦のような命のやり取りの際には、水を得た魚の如く非常に生き生きとなる。身体能力は抜群に高く、銃撃しながら船から船へと跳躍することもできるほど。また、ダイビングも得意。
少々短気な性格で、トラブルメーカーであり、ロックの正論に反発しては二人で口論になることも多いが、その一方では彼のことを心配し、庇うこともしばしば。また金にもうるさく、金のために単独行動にでることも少なくはない。性格も男勝りで、口調も男言葉(一人称は「あたし」)。首筋から右肘にかけて、トライバル系の刺青(タトゥー)を入れている。NYPD27分署の管轄内で、過去に相当の犯罪暦があり、刑務所に入ったこともあった模様。アニメ版では羽毛枕を消音用に使って誰かを射殺したと思しき、少女時代のレヴィが描かれている。単行本1・2巻表紙。
エダにロックとの関係を問いただされた際にはあからさまに狼狽し、意外にウブな一面も見せる。
作中ではラッキーストライクを吸っている。
ダッチ
声:磯部勉
ラグーン商会のボスであり、「ブラック・ラグーン号」の船長。
ベニー曰く「タフで知的で変人」な大男。常に冷静でサングラスを外さない、相当なインテリの黒人。ロアナプラでは相当の人望があるらしく、バラライカや張、ヨランダといった各勢力の重鎮にも一目置かれている。ベトナム戦争に従軍していた経歴を持つ。周囲の人間に渾名をつける事が好き。愛用の拳銃はS&W M629の6 1/2インチモデル。
作中ではアメリカンスピリットを吸っている。
ベニー
声:平田広明
ラグーン商会の情報系統と、ダッチの参謀役を担当するユダヤ系アメリカ人の白人。ウィザード級のハッカーであり、PCなど電子機器の扱いに長けている。本人曰くケビン・ミトニック級の腕前。自分のマシンに並々ならぬ愛着を持っており、他人にマシンを触らせることを徹底的に拒んでいる。また自動車の運転も優れており、移動の際の運転は殆どベニーが担当している。愛車は1968年型のプリムス・ロードランナー。
大学在学中に、遊び(おそらくはクラッキング行為)が過ぎて、FBIとマフィアの両方から追われていたところをレヴィに助けられ、そのままラグーン商会で働くこととなった。
アニメ版では偽札編(『Greenback Jane』)で登場したジェーンとかなりいい雰囲気になったようで、日本編の最中に彼女から画像つきメールが送られているのが確認できる
2006年からテレビアニメ作品が放映され、2008年現在第1期および第2期の2シリーズが存在する。丁寧な作画で過激に演出された戦闘シーンは評価が高い。

第1期のタイトルは『BLACK LAGOON』、第2期のタイトルは『BLACK LAGOON The Second Barrage』となっている 各言語検索リンクについては
英語「」
の検索結果を表示します

copyright © 2005 無料アニメサーチ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア
ブログパーツ アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。