あさっての方向。 無料動画視聴ページ アニメ「あさっての方向。」の動画がほぼ確実に視聴できます。

最新アニメ
アニメがいっぱい!
ワンピースおっぱいマウスパッド

あさっての方向。 第1話から第12話

小学6年生の少女五百川からだは、両親が他界してからは兄の尋と二人暮らしをしている。からだは尋を楽にしてあげたいと早く大人になることを夢見ていた。ところがある日突然、からだは尋の元恋人・野上椒子と年齢が入れ替わる形で大人になる。それは、からだが願いをかけた願い石の魔力なのか…?

『あさっての方向。』(-ほうこう)は、山田J太による漫画作品。および、それを原作としたアニメ作品。「コミックブレイドMASAMUNE」(マッグガーデン)で連載していた。

アニメ版は漫画版とはストーリー展開や登場人物の設定が異なる部分が多く、からだ・椒子・尋の基本的な設定や関係性だけを受け継いだほぼオリジナルと言っていい内容となっている。シリーズ構成担当の水上清資は、原作の設定をシンプルにして、テーマを明確にするために必要な要素を加えた結果であると述べている。

五百川 からだ(いおかわ からだ)
声 - 藤村歩
本作品の主人公。現在小学6年生の少女。年齢の割に小柄だが、反面家事全般をこなし、言葉遣いも敬語調と丁寧である。大人しい割に明るい性格。尋の叔母の娘。本当の兄妹ではない自分のために尋が全てを投げ打って面倒を見てくれている事に負い目を感じ、早く大人になって尋を自由にしてあげたいという願望を持っている。アニメと漫画では、幼少時代の設定に若干違いがある。
野上 椒子(のがみ しょうこ)
声 - 伊藤静
尋の元恋人。尋との過去を引きずり、今まで後ろ向きの人生を過ごしてきた。4年前に別れた時の経緯はどちらも共通だがその後が異なり、漫画は尋の勤める研究所の同僚で微妙な関係、アニメでは偶然からだ達が住む街に引っ越してきて尋と再会する。
五百川 尋(いおかわ ひろ)
声 - 日野聡
からだの兄。からだが生まれる前に渡米していたが、両親と叔母(母親の妹)の死をきっかけに帰国。葬式の場で叔母の一人娘であったからだと初めて出逢い、その後二人暮らしを始めた。アニメでは、職業が研究員ではなく薬局の薬剤師。全てを注いでからだを守り育てる事になんの疑問も持っていないが、その事が逆にからだにとっての気持ちの負担になっている。自分達が本当の兄妹ではないという事実を既にからだに知られていることには気付いていない。漫画では、からだは尋と叔母の間に出来た子供である可能性があるのだが、その事を尋は調べることが出来ずにいる。
網野 徹允(あみの てつまさ)
声 - 野村勝人
からだの級友。からだとは逆に年齢の割に背が高いため、高校生に見られることが多い。 地元の名士の家系だが、アニメの方では網野家についてほとんど触れられていない為に同じ設定かどうかは不明。からだの事が好き。通称はテツだが、からだは網野君と呼ぶ。
網野 透子(あみの とうこ)
声 - 渡辺明乃
テツの姉。漫画ではショッピングモールの店長だが、アニメでは喫茶店を経営している。
汐崎 琴美(しおざき ことみ)
声 - 小清水亜美
アニメオリジナルキャラクター。テツの幼馴染の中学生。子供になった椒子に何かと関わる。
磯貝 正
声 - 鈴木琢磨
アニメオリジナルキャラクター。からだ達が物語途中で立ち寄ることになるペンションの主人。かつては教師をしており、琴美の元担任。
磯貝 由香
声 - 菊池いづみ
アニメオリジナルキャラクター。正の妻




あさっての方向。の無料動画を第1話から第12話まで紹介しています。 asatte%2Bno%2Bhoukou
小学6年生の少女五百川からだは、両親が他界してからは兄の尋と二人暮らしをしている。からだは尋を楽にしてあげたいと早く大人になることを夢見ていた。ところがある日突然、からだは尋の元恋人・野上椒子と年齢が入れ替わる形で大人になる。それは、からだが願いをかけた願い石の魔力なのか…?

『あさっての方向。』(-ほうこう)は、山田J太による漫画作品。および、それを原作としたアニメ作品。「コミックブレイドMASAMUNE」(マッグガーデン)で連載していた。

アニメ版は漫画版とはストーリー展開や登場人物の設定が異なる部分が多く、からだ・椒子・尋の基本的な設定や関係性だけを受け継いだほぼオリジナルと言っていい内容となっている。シリーズ構成担当の水上清資は、原作の設定をシンプルにして、テーマを明確にするために必要な要素を加えた結果であると述べている。

五百川 からだ(いおかわ からだ)
声 - 藤村歩
本作品の主人公。現在小学6年生の少女。年齢の割に小柄だが、反面家事全般をこなし、言葉遣いも敬語調と丁寧である。大人しい割に明るい性格。尋の叔母の娘。本当の兄妹ではない自分のために尋が全てを投げ打って面倒を見てくれている事に負い目を感じ、早く大人になって尋を自由にしてあげたいという願望を持っている。アニメと漫画では、幼少時代の設定に若干違いがある。
野上 椒子(のがみ しょうこ)
声 - 伊藤静
尋の元恋人。尋との過去を引きずり、今まで後ろ向きの人生を過ごしてきた。4年前に別れた時の経緯はどちらも共通だがその後が異なり、漫画は尋の勤める研究所の同僚で微妙な関係、アニメでは偶然からだ達が住む街に引っ越してきて尋と再会する。
五百川 尋(いおかわ ひろ)
声 - 日野聡
からだの兄。からだが生まれる前に渡米していたが、両親と叔母(母親の妹)の死をきっかけに帰国。葬式の場で叔母の一人娘であったからだと初めて出逢い、その後二人暮らしを始めた。アニメでは、職業が研究員ではなく薬局の薬剤師。全てを注いでからだを守り育てる事になんの疑問も持っていないが、その事が逆にからだにとっての気持ちの負担になっている。自分達が本当の兄妹ではないという事実を既にからだに知られていることには気付いていない。漫画では、からだは尋と叔母の間に出来た子供である可能性があるのだが、その事を尋は調べることが出来ずにいる。
網野 徹允(あみの てつまさ)
声 - 野村勝人
からだの級友。からだとは逆に年齢の割に背が高いため、高校生に見られることが多い。 地元の名士の家系だが、アニメの方では網野家についてほとんど触れられていない為に同じ設定かどうかは不明。からだの事が好き。通称はテツだが、からだは網野君と呼ぶ。
網野 透子(あみの とうこ)
声 - 渡辺明乃
テツの姉。漫画ではショッピングモールの店長だが、アニメでは喫茶店を経営している。
汐崎 琴美(しおざき ことみ)
声 - 小清水亜美
アニメオリジナルキャラクター。テツの幼馴染の中学生。子供になった椒子に何かと関わる。
磯貝 正
声 - 鈴木琢磨
アニメオリジナルキャラクター。からだ達が物語途中で立ち寄ることになるペンションの主人。かつては教師をしており、琴美の元担任。
磯貝 由香
声 - 菊池いづみ
アニメオリジナルキャラクター。正の妻 各言語検索リンクについては
英語「」
の検索結果を表示します

copyright © 2005 無料アニメサーチ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア
ブログパーツ アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。