鋼の錬金術師 無料動画視聴ページ アニメ「鋼の錬金術師」の動画がほぼ確実に視聴できます。

最新アニメ
アニメがいっぱい!
ワンピースおっぱいマウスパッド

鋼の錬金術師 第1話から第51話

物語の舞台は錬金術が科学として発達した世界にある軍事国家「アメストリス」。鋼の右腕と左脚を持つ天才錬金術師のエドワード・エルリック(以下エド)と、全身鎧を纏う弟のアルフォンス・エルリック(以下アル)は強大な力を持つという伝説の「賢者の石」を探して旅を続けていた…

幼い頃から共に卓越した錬金術の才能を持っていたエド(当時11歳)とアル(当時10歳)は、病気で亡くした母を、錬金術で最大の禁忌とされている人体錬成によって蘇らせようと試みるが失敗する。エドはその代償として自らの左脚を失い、そしてアルは自らの身体全てを失ってしまう。エドはとっさの判断で、自らの右腕を代償にアルの魂をその場にあった鎧に定着させ、なんとか弟を死の淵から救い出したが、2人が失ったものはあまりにも大きかった。

その後、国家錬金術師と呼ばれる国家資格を取れば、高額な研究費が支給され、特殊文献の閲覧、国の研究施設の利用が可能となり、失われた身体を取り戻す方法を見つけられるかもしれないという話を聞いたエドは、機械鎧技師であるピナコ・ロックベルとピナコの孫で幼なじみのウィンリィ・ロックベルに、オート メイルと呼ばれるの義手と義足を身に着けてもらうことを決意し、1年間のリハビリを終えた後、アルと共に国家錬金術師の試験を受けに行く。

人体錬成を行ったことにより、手のひらを合わせただけで練成を行えるという能力を得ていたエドは、史上最年少で国家錬金術師の資格を取得する。国家錬金術師としての二つ名「鋼」を与えられたエドは、故郷を捨て、アルと共に、身体を取り戻す方法を探すための長い旅へと出発した…

1話 太陽に挑む者
2話 禁忌の身体
3話 おかあさん…
4話 愛の錬成
5話 疾走! 機械鎧(オートメイル)
6話 国家錬金術師資格試験
7話 合成獣(キメラ)が哭く夜
8話 賢者の石
9話 軍の狗(いぬ)の銀時計
10話 怪盗サイレーン
11話 砂礫の大地・前編
12話 砂礫の大地・後編
13話 焔 vs 鋼
14話 破壊の右手
15話 イシュヴァール虐殺
16話 失われたもの
17話 家族の待つ家
18話 マルコー・ノート
19話 真実の奥の奥
20話 守護者の魂
21話 紅い輝き
22話 造られた人間
23話 鋼のこころ
24話 思い出の定着
25話 別れの儀式
26話 彼女の理由
27話 せんせい
28話 一は全、全は一
29話 汚れなき子ども
30話 南方司令部襲撃
31話 罪
32話 深い森のダンテ
33話 囚われたアル
34話 強欲の理論
35話 愚者の再会
36話 我が内なる科人(トガビト)
37話 焔の錬金術師 戦う少尉さん 第十三倉庫の怪
38話 川の流れに
39話 東方内戦
40話 傷痕
41話 聖母
42話 彼の名を知らず
43話 野良犬は逃げ出した
44話 光のホーエンハイム
45話 心を劣化させるもの
46話 人体錬成
47話 ホムンクルス封印
48話 さようなら
49話 扉の向こうへ
50話 死
51話 ミュンヘン1921


錬金術
物語の世界において、発展した技術及び学問。物質の構成や形を変えて別の物に作り変える技術とそれに伴う理論体系を扱う学問である。世界観の違いなどで原作とアニメで一部設定に違いがある。
科学的であるような用語も登場するが、現実における錬金術とは、一部の用語が共通する以外は全く関係がなく、むしろ魔法に近い。作者自身、コミックス1巻の袖で「こんなの錬金術じゃない」とコメントしている。
基本的に錬金術を行使するには錬成陣と呼ばれる魔法陣のような物が必要である(詳しくは錬成陣の項を参照)。このように魔法に近い面もあるが、いくつか科学的な制限があることが特徴である。その基本は等価交換であり、無から物質を作り出したり、性質の違う物を作り出すことは不可能(詳しくは等価交換の項を参照)。そのため、必ず原材料となる物が必要であり、その物質の構成元素や特性を理解し、物質を分解、そして再構築するという3つの段階を経て完了する。ただし、構築式に誤りがあったり、対価以上の物を錬成しようとすると失敗し、時にリバウンドと呼ばれる現象が起きる。リバウンドが起きると術者に多大なダメージを及ぼす。
この仕組みは高度な理論に基づいており、学べば誰でも使えるという物ではない。また、仮に使えても術者の力量に寄る面が大きく、高度な術式を使える者は多くない。さらに、金属分野や生命分野、炎や水といった自然現象的な物まで多岐多様な分野があり、登場する錬金術師たちは基本的に得意分野を持ち、それぞれ固有の錬金術を持っていることが多い。
錬金術におけるメカニズムは完全に解明されているとは言い難く、特に錬金術を行った際のエネルギーはどこから来るかと言う点が非常に曖昧である。原作では、現在、地殻変動のエネルギーを利用しているという説が定説であり、「東の賢者」なる者によって理論が確立したとされている。しかしながら、エンヴィーやシン国人の発言、しいては錬丹術の見地などから非常に疑わしく、この先、物語の核心の一つとなる可能性が高い。アニメでは重要な点として扱われ、真理の扉の向こうの世界(現実世界)で死亡した人間の魂のエネルギーが用いられていたことが後に判明する(真理の扉の違い・平行世界などの設定から原作では違うと考えられる)。
一応、技術研究に限界は無いが、禁忌と呼ばれる研究や国家錬金術師に課せられる3つの禁止行為などがある(後述)。
等価交換
錬金術における最も根本的な原理。特に「無から有は作れない」という点は錬金術に関わらず思想信条として出てくる場合もある。大きく以下の2つに集約される。




鋼の錬金術師の無料動画を第1話から第51話まで紹介しています。 Full%2Bmetal%2BAlchemist
物語の舞台は錬金術が科学として発達した世界にある軍事国家「アメストリス」。鋼の右腕と左脚を持つ天才錬金術師のエドワード・エルリック(以下エド)と、全身鎧を纏う弟のアルフォンス・エルリック(以下アル)は強大な力を持つという伝説の「賢者の石」を探して旅を続けていた…

幼い頃から共に卓越した錬金術の才能を持っていたエド(当時11歳)とアル(当時10歳)は、病気で亡くした母を、錬金術で最大の禁忌とされている人体錬成によって蘇らせようと試みるが失敗する。エドはその代償として自らの左脚を失い、そしてアルは自らの身体全てを失ってしまう。エドはとっさの判断で、自らの右腕を代償にアルの魂をその場にあった鎧に定着させ、なんとか弟を死の淵から救い出したが、2人が失ったものはあまりにも大きかった。

その後、国家錬金術師と呼ばれる国家資格を取れば、高額な研究費が支給され、特殊文献の閲覧、国の研究施設の利用が可能となり、失われた身体を取り戻す方法を見つけられるかもしれないという話を聞いたエドは、機械鎧技師であるピナコ・ロックベルとピナコの孫で幼なじみのウィンリィ・ロックベルに、オート メイルと呼ばれるの義手と義足を身に着けてもらうことを決意し、1年間のリハビリを終えた後、アルと共に国家錬金術師の試験を受けに行く。

人体錬成を行ったことにより、手のひらを合わせただけで練成を行えるという能力を得ていたエドは、史上最年少で国家錬金術師の資格を取得する。国家錬金術師としての二つ名「鋼」を与えられたエドは、故郷を捨て、アルと共に、身体を取り戻す方法を探すための長い旅へと出発した…

1話 太陽に挑む者
2話 禁忌の身体
3話 おかあさん…
4話 愛の錬成
5話 疾走! 機械鎧(オートメイル)
6話 国家錬金術師資格試験
7話 合成獣(キメラ)が哭く夜
8話 賢者の石
9話 軍の狗(いぬ)の銀時計
10話 怪盗サイレーン
11話 砂礫の大地・前編
12話 砂礫の大地・後編
13話 焔 vs 鋼
14話 破壊の右手
15話 イシュヴァール虐殺
16話 失われたもの
17話 家族の待つ家
18話 マルコー・ノート
19話 真実の奥の奥
20話 守護者の魂
21話 紅い輝き
22話 造られた人間
23話 鋼のこころ
24話 思い出の定着
25話 別れの儀式
26話 彼女の理由
27話 せんせい
28話 一は全、全は一
29話 汚れなき子ども
30話 南方司令部襲撃
31話 罪
32話 深い森のダンテ
33話 囚われたアル
34話 強欲の理論
35話 愚者の再会
36話 我が内なる科人(トガビト)
37話 焔の錬金術師 戦う少尉さん 第十三倉庫の怪
38話 川の流れに
39話 東方内戦
40話 傷痕
41話 聖母
42話 彼の名を知らず
43話 野良犬は逃げ出した
44話 光のホーエンハイム
45話 心を劣化させるもの
46話 人体錬成
47話 ホムンクルス封印
48話 さようなら
49話 扉の向こうへ
50話 死
51話 ミュンヘン1921


錬金術
物語の世界において、発展した技術及び学問。物質の構成や形を変えて別の物に作り変える技術とそれに伴う理論体系を扱う学問である。世界観の違いなどで原作とアニメで一部設定に違いがある。
科学的であるような用語も登場するが、現実における錬金術とは、一部の用語が共通する以外は全く関係がなく、むしろ魔法に近い。作者自身、コミックス1巻の袖で「こんなの錬金術じゃない」とコメントしている。
基本的に錬金術を行使するには錬成陣と呼ばれる魔法陣のような物が必要である(詳しくは錬成陣の項を参照)。このように魔法に近い面もあるが、いくつか科学的な制限があることが特徴である。その基本は等価交換であり、無から物質を作り出したり、性質の違う物を作り出すことは不可能(詳しくは等価交換の項を参照)。そのため、必ず原材料となる物が必要であり、その物質の構成元素や特性を理解し、物質を分解、そして再構築するという3つの段階を経て完了する。ただし、構築式に誤りがあったり、対価以上の物を錬成しようとすると失敗し、時にリバウンドと呼ばれる現象が起きる。リバウンドが起きると術者に多大なダメージを及ぼす。
この仕組みは高度な理論に基づいており、学べば誰でも使えるという物ではない。また、仮に使えても術者の力量に寄る面が大きく、高度な術式を使える者は多くない。さらに、金属分野や生命分野、炎や水といった自然現象的な物まで多岐多様な分野があり、登場する錬金術師たちは基本的に得意分野を持ち、それぞれ固有の錬金術を持っていることが多い。
錬金術におけるメカニズムは完全に解明されているとは言い難く、特に錬金術を行った際のエネルギーはどこから来るかと言う点が非常に曖昧である。原作では、現在、地殻変動のエネルギーを利用しているという説が定説であり、「東の賢者」なる者によって理論が確立したとされている。しかしながら、エンヴィーやシン国人の発言、しいては錬丹術の見地などから非常に疑わしく、この先、物語の核心の一つとなる可能性が高い。アニメでは重要な点として扱われ、真理の扉の向こうの世界(現実世界)で死亡した人間の魂のエネルギーが用いられていたことが後に判明する(真理の扉の違い・平行世界などの設定から原作では違うと考えられる)。
一応、技術研究に限界は無いが、禁忌と呼ばれる研究や国家錬金術師に課せられる3つの禁止行為などがある(後述)。
等価交換
錬金術における最も根本的な原理。特に「無から有は作れない」という点は錬金術に関わらず思想信条として出てくる場合もある。大きく以下の2つに集約される。 各言語検索リンクについては
英語「」
の検索結果を表示します

copyright © 2005 無料アニメサーチ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア
ブログパーツ アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。