桃華月憚 無料動画視聴ページ アニメ「桃華月憚」の動画がほぼ確実に視聴できます。

最新アニメ
アニメがいっぱい!
ワンピースおっぱいマウスパッド

桃華月憚 第1話から第26話

桃華月憚2007年4月から同年9月まで放送された。全26話。こちらは前作との関係は不明。テレビアニメ版『ヤミと帽子と本の旅人』(以降、『ヤミ帽』)のスタッフが主で、配給はavex entertainment(従来のavex modeに代わるアニメ関連レーベル)。エイベックス1社の提供番組である。

『ヤミ帽』に多く散見された性描写は本作でも同様であり、同性愛や近親相姦を匂わせる描写までもが盛り込まれている。また、それに加えて斬新な仕掛けが幾つか用意されている。

1つ目が「逆再生」と呼ばれる手法で、ストーリーが逆から制作されており、第1話が本来の最終話となる[1]。

2つ目は『ヤミ帽』とのコラボレーションで、作品中に『ヤミ帽』のキャラクターがゲスト出演するというもの[2]。

3つ目が女性声優による脚本で、『ヤミ帽』に出演していた能登麻美子、清水愛、山本麻里安が合計5話の脚本を担当した(能登麻美子、清水愛がそれぞれ1話分ずつ、山本麻里安が本編3話分とドラマCDの脚本を1つ)。これは監督の山口祐司と脚本の望月智充の要望によるもの。

なお、多くの原作の存在するテレビアニメがそうであるように、この桃華月憚のテレビアニメも、必ずしも原作であるゲームの設定・ストーリーに準拠しているわけではない。

[編集] 逆再生

『桃華月憚』と同じスタッフで製作されたテレビアニメ『ヤミと帽子と本の旅人』でも各話をシャッフルするという構成を取っているが、この「逆再生」という新たな手法は、『桃華月憚』のスタッフである山口祐司(監督)と望月智充(シリーズ構成)の話し合い中、望月のアイディアで実現することとなった。

「逆再生」という名前の通り、この構成手法は物語の結末(エピローグ)から発端(プロローグ)へと1話ずつ遡っていく。つまり、第1話が本来の最終話となり、最終話が第1話という事になる。日本のテレビアニメとしては全く新しい構成であり、山口と望月のインタビュー記事でも二人は「今後『逆再生』構成にしたアニメが出てきても、『桃華月憚』の真似になる」と語っている。




桃華月憚の無料動画を第1話から第26話まで紹介しています。 touka%2Bgettan
桃華月憚2007年4月から同年9月まで放送された。全26話。こちらは前作との関係は不明。テレビアニメ版『ヤミと帽子と本の旅人』(以降、『ヤミ帽』)のスタッフが主で、配給はavex entertainment(従来のavex modeに代わるアニメ関連レーベル)。エイベックス1社の提供番組である。

『ヤミ帽』に多く散見された性描写は本作でも同様であり、同性愛や近親相姦を匂わせる描写までもが盛り込まれている。また、それに加えて斬新な仕掛けが幾つか用意されている。

1つ目が「逆再生」と呼ばれる手法で、ストーリーが逆から制作されており、第1話が本来の最終話となる[1]。

2つ目は『ヤミ帽』とのコラボレーションで、作品中に『ヤミ帽』のキャラクターがゲスト出演するというもの[2]。

3つ目が女性声優による脚本で、『ヤミ帽』に出演していた能登麻美子、清水愛、山本麻里安が合計5話の脚本を担当した(能登麻美子、清水愛がそれぞれ1話分ずつ、山本麻里安が本編3話分とドラマCDの脚本を1つ)。これは監督の山口祐司と脚本の望月智充の要望によるもの。

なお、多くの原作の存在するテレビアニメがそうであるように、この桃華月憚のテレビアニメも、必ずしも原作であるゲームの設定・ストーリーに準拠しているわけではない。

[編集] 逆再生

『桃華月憚』と同じスタッフで製作されたテレビアニメ『ヤミと帽子と本の旅人』でも各話をシャッフルするという構成を取っているが、この「逆再生」という新たな手法は、『桃華月憚』のスタッフである山口祐司(監督)と望月智充(シリーズ構成)の話し合い中、望月のアイディアで実現することとなった。

「逆再生」という名前の通り、この構成手法は物語の結末(エピローグ)から発端(プロローグ)へと1話ずつ遡っていく。つまり、第1話が本来の最終話となり、最終話が第1話という事になる。日本のテレビアニメとしては全く新しい構成であり、山口と望月のインタビュー記事でも二人は「今後『逆再生』構成にしたアニメが出てきても、『桃華月憚』の真似になる」と語っている。 各言語検索リンクについては
英語「」
の検索結果を表示します

copyright © 2005 無料アニメサーチ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア
ブログパーツ アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。